カテゴリ:Review( 2 )

JiJi

私は富んだ人には遠慮なく馳走になる。

そんなときまずいものをうまいとは言わないが、

うまいときは口にだしてうまいと言う。

反対に貧しい人には進んで自分が払う。無理してでも払う。

私は金は貸さない。ただ生活に困っているなら貸す。

いくら貸すか、友人知己それぞれ心のうちに金額はきめてある。

この人にこのくらいなら惜しくないと思う額を貸す。

貸した以上返してもらおうとは思わない。

また返してくれた人もいない。

君のことを誰それがこう言っていたと告げ口されても私はたいてい聞き流す。

人はかげでは悪く言うものだからである。

悪く言っても内心尊敬していることもあるのに、悪口だけ伝えられることが多い。

(菊池寛「私の日常道徳」大正十五年 大意)

「夏彦の写真コラム」傑作選〈1〉 (新潮文庫)

山本 夏彦 / 新潮社




小学生の時に亡くなった祖父は、大正6年本郷生まれで深川に住んでいました。

寡黙で仕事熱心な人で、築地魚河岸の仲買を生業にしていました。

普段は厳めしい面持ちなのですが、落語が好きで笑うととても優しい顔になるのです。

山本夏彦氏の本を読んでいたら、ふと思い出したので。

生きていれば94歳になります。

気持ちのいい人間になりたいものです。
[PR]
by george_ae | 2011-06-02 18:48 | Review

Instinct

岸田秀氏の『ものぐさ精神分析』(中央公論社/1996)を久しぶりに読んで、

合点がいかない点はありつつも、なるほどと改めて考えさせられることが多い。

本能とは、欲望のままに行動することではなく、

欲望を抑制することも含めてのそれなわけで、

その点では、やっぱりニンゲンは本能が壊れてしまった動物なんだなぁと。

満腹でも、まだ食べる。

妊娠中でも、性交する。

必要なく、殺生する。

そんな歪な動物だから、つくりだす文化や思想が面白かったりするのですが、皮肉なものです。

本著の、自己嫌悪という心理状況に対する解説あたりは、心当たりがあって耳が痛いです。

昨晩の記憶が無く、二日酔いで目覚め、自己嫌悪になるのですが、また飲んでしまうんです。

というわけで、かんぱーい!!


ものぐさ精神分析 (中公文庫)

岸田 秀 / 中央公論社


[PR]
by george_ae | 2011-05-16 19:48 | Review


George from AFRICAEMO / G.luv from luvrap group


by george_ae

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

etc.

AFRICAEMO schedule

▷AFRICAEMO
2012/04/05
shibuya womb

2012/04/07
kyoto VOX

2012/04/21
shinjuku MARZ

▷luvrap group
2012/03/30 sat
shibuya cafe&diner STUDIO

2012/04/01 sun
shibuya club asia

2012/04/21 sat
shinjuku MARZ

カテゴリ

rylic
live
Muzik
Review
Announcement
etc.

以前の記事

2012年 03月
2012年 01月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

最新のトラックバック

ライフログ

book

ものぐさ精神分析 (中公文庫)


「夏彦の写真コラム」傑作選〈1〉 (新潮文庫)

検索

その他のジャンル

最新の記事

luvrap group s..
at 2012-03-31 05:45
散歩
at 2012-03-23 16:36
Hao Chi
at 2012-01-26 00:50
Thank You for ..
at 2011-07-31 12:44
POWER TO JAPAN..
at 2011-07-18 20:28

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧